会長ご挨拶

2018〜19年度 成田空港南ロータリークラブ 会長

高田 一行


 今年度、歴史と伝統のある成田空港南ロータリークラブ第53代会長に就任させていただく事になりました、高田です。

身の引き締まる思いではありますが、まだまだ勉強が足りず、会員の皆様に満足していただけるものではありません。そこで、大変恐縮ではございますが私に皆様方のお力をお貸しいただけないでしょうか。一年間精一杯務めさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

国際ロータリークラブ会長、バリーラシン氏は2018-19のテーマを「インスピレーションになろう」と発表されました。「何か大きなことに挑戦しようというインスピレーションを、クラブやロータリアンに与えてください。自分よりも長く、後世にも生き続けるものを生み出すために、行動を起こす意欲を引き出していただきたいのです」

そして、ビジョンの実現には組織作りが必要だと、ラシン氏は強調されています。

また、橋岡久太郎ガバナーは、ロータリー創始以来の基本理念を忠実に守り実践することが大切とおっしゃっています。具体的には、次の8項目からなる重点目標を掲げられました。

① 会員増強 特に20代~30代の若手と女性会員(10%増目標)

② 補助金を活用しての奉仕プロジェクトの立案実施

③ HPやSNSを利用してクラブを周知する

④ マイロータリーへの登録を推奨する

⑤ ロータリー財団、ポリオプラス、ロータリー米山記念奨学会への寄付と寄付ゼロクラブ解消に努める

⑥ クラブ内で独自の戦略計画を立てて中長期の持続的な奉仕活動を行う

⑦ RIロータリー賞とロータリーRI会長特別賞を意識した運営

⑧ ロータリーデーの立案と実施、クラブ近隣の方々に自クラブとロータリーを紹介する

このようなRI会長、地区ガバナーの方針を受け、今年度の成田空港南ロータリークラブを運営してまいります。

【今年度の活動方針】

① 奉仕活動への尽力
・近隣小学校へのテントの寄贈を2校行う(松尾地区)
・屋形海岸の清掃を横芝光町役場と一緒に行う

② 旅行 九州(2泊3日)

③ イベント 観月会 新年会

どうぞ、1年間 杉森幹事共々よろしくお願い致します。